生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

胃・十二指腸潰瘍の原因と対策

潰瘍はなぜ起こるのか

 胃や十二指腸の潰瘍(かいよう)にはふつう、胸焼けげっぷ腹痛出血(吐血や下血)などの症状があります。また吐き気嘔吐も見られます。

 しかし、人によって症状はまちまちであり、ときにはまったく症状の現れない人もいます。健康診断ではじめて病名を告げられて知る人もいれば、いつも胃の不調を訴えているのに潰瘍になっていない人もいます。自覚症状と病状の程度にはずれがありますから、定期的に検診を受けることが大切です。

 胃・十二指腸潰瘍は、消化器の内壁の一部がただれて出血したり、傷ついてえぐれたりする病気ですが、そのメカニズムについてはまだ完全に解明されたとはいえません。

 胃壁からは、食品として摂取したたんぱく質をペプトンに分解するために強力な消化液が分泌されますが、同時に胃壁の粘膜を自己消化から守る粘液も分泌して、自らを保護しています。しかし、胃液の分泌と胃粘膜の分泌のバランスが何らかの原因で崩れると、粘膜が消化液によって傷ついて潰瘍ができます。

 必要以上に胃液が過剰になったり、粘液の力がなくなってしまう原因は、生理的ストレスや精神的ストレスによるものと考えられています。

 具体的には、アルコールやコーヒー、香辛料などの刺激物によって粘膜をいためたとき、精神的ストレスによって自律神経系が乱れ、多量の胃液が分泌されたとき、薬剤の乱用で副作用が起こったとき、などです。

強い精神的なストレスが関係。「自信満々型」も注意

 潰瘍が精神的なストレスの強い人ほど発生しやすいことは、経験的に一般に広く知られています。過度の飲酒や薬剤の乱用もストレスが原因といえますし、刺激物のとり過ぎも何らかの精神的なストレスが関係していると考えられ、つきつめていけば潰瘍は精神的ストレスが主な原因といえます。その意味でも潰瘍は生活習慣病の一つです。

 ストレスを感じやすくて胃の悪い人は、一般的には「くよくよする人」というイメージがありますが、必ずしもそのタイプとは限りません。むしろその正反対のタイプである、自信満々のやり手、モーレツ型の会社人間、出世志向の超社交人間なども、潰瘍を起こしやすい性格です。

 「くよくよ型」にも「自信満々型」にも共通しているのは、几帳面な完全主義者だったり、仕事以外に趣味がなかったりする人が多いことです。物事に執着する人は、ひとたび歯車が狂うと心の逃げ場がなくなってしまうのでしょうか。

ピロリ菌と慢性胃炎、胃がん

 胃の中では胃酸が強いため微生物は皆、死滅すると考えられていました。ところがピロリ菌(正式にはへリコバクター・ピロリ)という細菌が、十二指腸潰瘍の粘膜に棲息することがわかったのです。ピロリ菌はそれまでの常識を覆し、胃液を中和するアンモニアを分泌することによって、強い酸性の中で生き延びる力を獲得していました。

 ピロリ菌に感染した人は、慢性胃炎になります。また、感染した人の一部は胃炎が進行して萎縮性胃炎になり、慢性潰瘍を発症するようになります。

 ピロリ菌の感染経路はまだよくわかっていません。感染してから慢性胃潰瘍を発症するまでに数十年もかかるといわれ、そのことも解明の妨げになっているようです。

 なお近年の厚生労働省研究班の大規模追跡調査で、ピロリ菌に感染した人は感染していない人にくらべて5〜10倍、胃がんになる率が高いことがわかりました。胃粘膜が炎症を起こして萎縮し、がんになりやすくなると推測されていますが、詳しい仕組みはわかっていません。

食事の心がまえ

 昔から言われてきた食事の心がまえは重要なポイントです。

@リラックスした気分で食べる

 ゆとりのない食事は消化によくありません。食事の前にまずリラックスした気分になり、ゆっくりと食事を楽しむことが大切です。ただし、たばこはストレス解消のつもりでも、実際には胃にストレスを与え、潰瘍を再発または悪化させるのでやめましょう。

A暴飲、暴食を避け、規則正しく食事を摂る

B食後20分の運動をひかえる

 食べてすぐの運動は、胃で使うべき血液が全身に回り、消化にマイナスです。ただし、横になるのは内容物がわざわざ逆流する条件をつくることになり、よくありません。

C夕食は就寝の3時間前までに

 睡眠中は胃の働きが低下します。また、夜遅くの食事は体内時計を狂わせます。

D姿勢をよくする

 食事中、前かがみにならないようにしましょう。また、ふだんから腹筋を鍛え、お腹を圧迫しない姿勢で歩くよう心がけてください。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍によい食品、悪い食品

避けたい食品


・しょっぱいものや味付けの濃いもの……魚の干物や粕漬け、塩辛、佃煮、漬物など
・油もの……さつま揚げ、がんもどき、フライ、まぐろフレーク、など
・刺身、生もの……いか、さんま、うに、にしん、まぐろ、など
・刺激性のもの……香辛料、しょうが、からし、コーヒー、酢、酒類、熱い食べ物など
・繊維質のもの……たけのこ、シナチク、れんこん、ごぼう、など

胃の粘膜によい食品


・低脂肪・高たんぱく食品……鶏ささみ、白身魚(煮る・蒸す)、豆腐、卵(生以外)
・乳製品……牛乳、チーズ、ヨーグルト
・ビタミンA、Cを含む野菜、大根(ジアスターゼ)

   TOP   HOME