生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

さまざまな生活習慣病とその原因

 食生活や運動、喫煙などの生活習慣が主な原因となるさまざまな病気について、どんな病気で原因は何かといことを中心に解説しています。

 主なキーワードは、メタボ、動脈硬化、脳卒中、心臓病、糖尿病、がん、痛風、胃・十二指腸潰瘍、骨粗しょう症、脂肪感、腎臓病、便秘、下痢、痔、歯周病、活性酸素、免疫力などです。下記の各ページのタイトル一覧を掲げました。

 なお、ページ構成一覧表の下に、「日本人の三大死因」や「血管系の病気は歯相互に関係」「糖尿病及びその予備軍」について解説しています。

「さまざまな生活習慣病とその原因」のページ構成

 1.肥満の意味ではないメタボリック症候群
 2.動脈硬化から始まる怖い病気と予防法
 3.脳卒中(脳血管障害)の原因と予防
 4.心臓病(虚血性心疾患)の原因と予防
 5.糖尿病は万病の元。がん、心筋梗塞、脳梗塞などのリスク増大
 6.がんも生活習慣病の一つ。危険因子は
 7.痛風(高尿酸血症)の原因と対策
 8.胃・十二指腸潰瘍の原因と対策
 9.骨粗しょう症―骨を作るカルシウム以外の成分
 10.脂肪肝―肥満とアルコールに注意
 11.腎臓病―急性腎炎、慢性腎炎、腎不全
 12.慢性便秘と下痢
 13.痔(いぼ痔、切れ痔、穴痔)
 14.目の疲れ、眼精疲労、老眼への対策
 15.歯周病―全身の病気も招く怖い病気
 16.活性酸素がもたらす病気/発生源と避け方
 17.免疫力とは? 免疫力低下の原因

6割を占める日本人の三大死因をご存知ですか?

 厚生労働省の人口動態統計(確定数)の概況によれば、死亡数101万4951人の中で、最も多い死因は悪性新生物(がん)でした。その数は30万9543人で30.5%にもなります。死因の第2位は心疾患(15.7%)、第3位は脳血管疾患(13.0%)と続き、上位3つの疾患で全死亡の59.2%、なんと約6割も占めます。

 この三大死因はすべて生活習慣病といわれる疾患で、ここ数年間順位は変わっていません。
 また、男女別で見ても4位の肺炎(総数で3.8%)までは順位は変わりません。ちなみに、男性はこのあと5位=不慮の事故、6位=自殺ですが、女性は5位に老衰が入っています。男性の老衰は10位以内にも入っていません。
  関連ページへ   がん  心臓病  脳血管障害

血管系の病気は相互に関係している

 日本人の死因1位のがんは全死因の約3割を占めますが、心臓病と脳卒中を合わせた血管系の病気も3割弱を占めます。一般に、がんの恐ろしさばかりが騒がれがちですが、血管系の病気による死亡者数もがんに匹敵するのです。

 これらの3大生活習慣病だけでも死因の約6割になりますが、さらにそのほかの生活習慣病も加えると、死因の約3分の2が生活習慣病ということになります。

 血管系の病気は、死因としては心臓病と脳卒中に集中しますが、その前段階として動脈硬化があります。また動脈硬化を引き起こす要因として、高脂血症、高血圧、糖尿病があります。

 高脂血症や糖尿病、動脈硬化などははっきりとした症状が出ないため「病気」とは認識されず、何の対策のないまま放置されることが多いので気をつけましょう。
  ★関連ページへ  動脈硬化から始まる怖い病気と予防法

成人の5人に1人が糖尿病およびその予備軍

 厚生労働省が2007年12月2に公表した推計によると、糖尿病は、その予備軍も含めてついに2210万人に増加しました。その5年前の調査1620万人に比べて、36%も増えています。なんと成人の5人に1人が糖尿病およびその予備軍ということになります。

 糖尿病はそれ自体が治りにくい病気であるばかりでなく、網膜症などの合併症や動脈硬化、がんなどのリスクを高めるなど、深刻な事態を招く恐れがあります。肥満はそうなる前の赤信号。あまく見てはいけません。
   関連ページへ   糖尿病は万病の元。がん、心筋梗塞、脳梗塞などのリスク増大

  ページ構成一覧へ   TOP   HOME   関連情報・リンク