生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活生活習慣病と原因五大栄養素と機能性成分食生活の見直し運動と禁煙の効果ストレスが起す病気体に良い食べ物

痔(いぼ痔、切れ痔、穴痔)

 痔という名は正式の病名ではありません。正式の名称は「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3つに分かれ、俗称をそれぞれ「いぼ痔」「切れ痔」「あな痔」といいます。これらは場所がお尻に関るだけで、それぞれまったく別の病気です。

 このうち、痔核(いぼ痔)と裂肛(切れ痔)は便秘体質の人、痔ろう(あな痔)は下痢体質の人と深く関係します。

痔核(いぼ痔)

 痔核は肛門の周囲にめぐらされた静脈にできる一種の静脈瘤(じょうみゃくりゅう)です。肛門の内側にできる内痔核と、外側にできる外痔核に分けられますが、両者は性質が違います。

 内痔核はできても痛みませんが、外痔核はひどく痛みます。また内痔核は排便時に出血し、病状が進むとかなり出血して排便時以外にも出血するようになります。しかし、外痔核は出血はあまりなく、あっても少量です。痔の中で最も多く見られるのは内痔核です。

 なお、内痔核の場合、痔核が排便時に肛門の外に出るのを脱肛といいます。脱肛は、はじめは自然に元に戻りますが、痔核が進行すると手で戻さないと戻らなくなります。さらに手で押しても元に戻らなくなるのが最終段階で、手術が必要になります。

 内痔核は、直腸静脈叢(じょうみゃくそう)が圧迫され、うっ血することによってできる静脈瘤であり、また外痔核は、肛門の外側の静脈にできる血栓です。

 その原因となるものは、排便時のいきみ、便秘、座りがちな生活、重いものを運ぶ労働、肥満、妊娠、長時間の咳(せき)などとされています。

●痔核の予防法

  ・座りっぱなしを避ける        ・堅い椅子には座布団を      ・便秘を避ける 
  ・毎日入浴またはシャワーを    ・腰を冷やさない            ・排便のときいきまない 
  ・アルコールや香辛料は控えめに     ・様式のトイレとウォッシュレットを使う
  ・決まった時間に排便を      ・肛門をいつも清潔に  

裂肛(切れ痔)

 裂肛は硬い便を排出するとき、肛門管が裂けることです。激しく痛み、少量の出血があります。排便後も痛みは続きます。また、慢性化すると炎症を起こし、潰瘍肛門ポリープなどもできることがありますから、早めに治療します。

痔ろう(穴痔)

 痔ろうは慢性的な下痢の人に見られるもので、細菌が直腸の粘膜のくぼみに入り込み、奥深くまでトンネルを掘って化膿させます。さらに進むと血と膿が肛門周辺に出て下着を汚します。痔ろうは初期の段階でも病院にいくしか方法はありません。


   TOP   HOME