生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

歯周病―全身の病気も招く怖い病気

歯茎が細菌に侵され総入れ歯に

 歯周病は歯茎の病気の総称で、大別すると歯肉炎と歯周炎があります。両者は別の疾患ではなく、まず歯肉炎になり、それが悪化すると歯周炎になります。

 歯周病になると、歯茎やその周辺の組織が細菌によって炎症を起こし、悪化するとすべての歯を失ってしまいます。以前は歯が抜けるのは老化現象でしかたがないと思われていましたが、実はこの歯周病が大きな原因だということがわかってきました。65歳から74歳の約40%が歯を失い、総入れ歯になっていますが、この大半は歯周病が原因といわれています。

 歯周病はまず、歯を磨いたときに歯茎から出血するという症状から始まります。この段階が歯肉炎ですが、痛みがないため放置されることが多く、やがて歯周炎に進みます。

 歯周炎になると、歯を支えている歯槽骨や、歯槽骨と歯の間の歯周靭帯まで細菌に侵され、組織が破壊されます。そのため歯茎を押しただけで血や膿が出るようになり、口臭がひどくなります。また、歯ぐきが下がって歯の根っこの部分が露出し、歯がグラグラになります。さらに放っておくと歯が抜けてしまいます。これを昔は歯槽膿漏といいました。

それだけではない、歯周病が招く全身の病気

 歯周病の恐ろしさは口の中の病気だけにとどまりません。次のような全身の病気は、歯周病になると発病する確率が高まることがわかってきました。

 ・糖尿病 ・心臓血管疾患 ・骨粗しょう症 ・肺炎 ・感染性心内膜炎 など

 このうち糖尿病は、歯周病の原因にもなっていますから、放置すると悪循環に陥ってしまうことになり、注意が必要です。

 さらに、歯周病になるとボケやすくなり、認知症の人は痴呆が進行するといわれています。

 歯周病は、「万病の元」とまではいえないまでも、想像以上に恐ろしい病気だったのです。「総入れ歯になると不便」という程度の認識を、私たちは改めなければいけないようです。

原因は歯垢と歯石

 歯をていねいに磨かないと、歯の表面に歯垢(プラーク)がつきます。歯垢は食べ物のカスではなく、口の中にいる細菌が固まりを作ったものです。細菌は食べ物のカスなどを栄養にして増殖しながら毒素を作り出し、歯茎に炎症を起こさせます。歯垢1mg当りに10億もの細菌がいて、歯を磨かずに放置すると、1日で5倍に増えるといわれます。

 歯肉に炎症が起こると歯茎が弾力性を失い、ますます細菌は繁殖しやすくなります。

 歯垢と並んで歯石も歯周病の敵です。歯石は、歯垢に唾液中のカルシウムやリンがくっついて固まったもので、歯の付け根によくできます。表面がざらざらしているので歯垢がつきやすく、ますます細菌の巣窟と化すことになります。歯石は歯肉炎を歯周炎に悪化させる原因となりますから、歯石ができたら歯医者に行って取り除いてもらいましょう。

 歯の手入れを怠ること以外に、先ほどの糖尿病も歯周病の原因となります。また、それ以上に大きな原因となるのがのが喫煙です。ある調査によれば、喫煙者は非喫煙者の2.1倍〜4.7倍のリスクがあるということです。たばこの歯周病への害はあまり知られていませんが、歯周病の怖さとともに認識しておかなければなりません。

予防はていねいな歯磨き

 歯周病の予防は歯垢を除去すること、つまり毎食後ていねいな歯磨きをすることがいちばんで、もちろん虫歯予防を兼ねます。

 食生活の面からいえば、食物繊維を豊富に含む野菜は歯垢を付きにくくします。またビタミンCも歯周病を防ぐ働きがあるといわれます。

 反対に、砂糖は細菌のえさになりますから、間食のケーキなどを食べたらすぐに歯を磨きましょう。また喫煙も歯周病になるリスクをを高めるので、禁煙します。さらに、過労やストレス、風邪などで抵抗力が落ちると歯周病は悪化します。

 なお、唾液は殺菌力があり、唾液の多い人は歯周病になりにくく、少ない人は歯を磨いてもなります。よく噛んでゆっくり食べることによって、唾液はよく出るようになります。

   TOP   HOME