生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

心臓病(虚血性心疾患)の原因と予防

虚血性心疾患(心臓病)とはこんな病気

 虚血性心疾患は、心臓を動かしている筋肉(心筋)に血液がいかなくなるという意味です。心臓に冠状動脈という専用の血管があるのですが、その冠状動脈が狭まって血液が心臓に十分に行かないか、あるいは途絶える状態が虚血性心疾患です。

 心筋に血液が送られないと酸素や栄養素が行かないため、細胞は壊死してしまいます。ときには急激に心臓の機能が低下し、命に関ります。

 虚血性心疾患の代表的なものには、狭心症と心筋梗塞がありますが、どちらも動脈硬化が直接の原因で、もちろん生活習慣に原因がある病気です。両者の決定的な違いは、狭心症は心筋が死なずに回復するのに対して、心筋梗塞では心筋の細胞が死んでしまい、回復しないことです。痛みの度合いや続く時間も、心筋梗塞のほうがはるかに重い症状です。

狭心症

 心筋に一時的に血液がいかなくなり、胸が締め付けられるような痛みの発作が起こります。痛みの感覚は人によって違い、「押しつぶされるような」「息が詰まるような」「しびれるような」というように、さまざまに表現されます。痛みの場所もはっきりとしなく、胸全体を指すことが多いようです。胸の痛みは2〜3分で治まることが多く、長くても15分くらいです。

 狭心症の痛みは、走ったり、階段を上ったり、怒ったり、入浴したりと、肉体的あるいは精神的活動が高まったときに起こります。しかし、安静時に痛みが起こることもあり、その場合は痛みが強く、持続時間も長いのが特徴です。

 主な原因は、冠状動脈の内腔が粥状動脈硬化(アテローム硬化)を起こすことによって、血管が狭くなり、血液の流れが悪くなることです。

 狭心症の痛みには、速攻性硝酸薬のニトログリセリンがよく効きます。

心筋梗塞

 心筋梗塞は、突然の激しい胸の痛みから始まります。活動しているときには少なく、むしろ安静時や就寝中に発作に襲われることが多いのが特徴で、痛みは30分から数時間も続きます。

 痛みの場所は胸だけでなく、みぞおち、左肩や左腕、首やあごなどに痛みが波及することが多いようです。この現象を放散痛といいます。また、痛みの程度は狭心症とは比較にならないほど強いので、死への不安や恐怖感が伴います。

 急性の心筋梗塞の場合、十分な治療体制の整った病院に緊急入院することが大切で、早ければ早いほど救命率は上がります。

いちばんの危険因子は動脈硬化

 虚血性心疾患の危険因子は動脈硬化そのものです。脳にコレステロールなどの脂肪沈着がたまればアテローム血栓性塞栓になるのと同様に、心臓の冠状動脈に動脈硬化が起これば虚血性心疾患になります。

 したがって動脈硬化を引き起こす5つの危険因子、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満がそのまま虚血性心疾患のリスクファクター(危険因子)でもあるのです。

 また、そのほかにストレスや攻撃的な性格なども冠状動脈の動脈硬化を引き起こす要因と考えられています。これらは生活の中で修正可能なものであるという意味で重視されています。

 なお、修正が不可能な危険因子としては、歳をとること、家族歴(遺伝的体質)、男性であることなどがあります。性別が病気のリスクに関係するものはいくつかありますが、女性は女性ホルモンの作用により、男性よりも心筋梗塞の罹患率が低いことがわかっています。

 高脂血症、高血圧、喫煙は単独でもリスクの高い要因になりますが、さらに糖尿病などの危険因子が加わると、相乗効果で危険率は加速度的に上昇します。次の数字は主に米国フラミンガム心臓研究による「虚血性心疾患になる危険率」で、危険因子を一つも持たない人を1とした場合の危険倍率が示されています。

 ・喫煙…………………………………2倍
 ・高血圧症……………………………3倍
 ・高脂血症……………………………4倍
 ・高脂血症+糖尿病…………………16倍
 ・高脂血症+高血圧症………………16倍
 ・高脂血症+糖尿病+高血圧症……32倍

 高脂血症と高血圧症を併せ持つだけで、「正常な人」の16倍も虚血性心疾患になるリスクが高いのです。これに関連して死の四重奏という言葉がありますが、喫煙に高血圧、高脂血症、糖尿病が加わることのリスクが実感できたでしょうか。

虚血性心疾患の予防

 虚血性心疾患の予防は動脈硬化の予防と同じです。

 そのほかには、ストレスをためこまないことや、攻撃的で妥協を許さないせっかちな性格があったら改善する、ということもリスクを低減することに貢献するでしょう。

   動脈硬化の予防法を見る

   TOP   HOME