生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活生活習慣病と原因五大栄養素と機能性成分食生活の見直し運動と禁煙の効果ストレスが起す病気体に良い食べ物

糖質と脂肪―種類と働き

 三大栄養素のうち、主にエネルギー源となる糖質と脂肪の種類と働きについてまとめました。

糖質(炭水化物)

糖質の働き

 糖質は三大栄養素の一つであり、炭水化物とも呼ばれます。糖質に属する物質で食品に関係のあるものには、ブドウ糖、果糖、ガラクトース、ショ糖(砂糖)、麦芽糖、乳糖、デンプン、グリコーゲン、セルロースなどがあります。

 糖質は炭素、水素、酸素の3つの元素で構成され、体内で燃焼すると炭酸ガスと水に分解されて代謝されます。糖質は消化がよく、体内に吸収されたあとは最終的にブドウ糖に分解され、血糖として体内を循環してエネルギーを供給します。

 ブドウ糖は、脳・神経系のエネルギー源としても重要です。なお、脂質(脂肪)やたんぱく質もエネルギー源となりますが、糖質の特長は消化がよいため即効性があることです。

 糖質はエネルギー源となるばかりでなく、体を構成して、筋肉の運動や体温を調節する働きもあります。

糖質が不足すると

 血液中のブドウ糖の濃度が異常に低くなると、エネルギー不足になり、全身に疲労感を覚えます。ときには脳がエネルギー欠乏状態になり、意識を失うこともあります。

糖質をとり過ぎると

 エネルギーとして消費されなかった糖質は、体内に脂肪として貯蔵されるので、肥満の原因となります。糖質の中でも果糖やショ糖は体内で脂肪に変わりやすいので、摂りすぎには注意が必要でしょう。同じ糖質でも、ブドウ糖を含む穀類やでんぷんを含むイモ類のほうが、果糖やショ糖に比べて太りにくいといえます。

糖質のとり方

 糖質はビタミンB1といっしょにとると効率よくエネルギー化されます。成人男子の1日のエネルギー所要量は2650kcalですが、そのうちの50%以上を糖質からとることが推奨されています。

脂質(脂肪)

脂質の働き

 脂質(脂肪)は動植物中にあって水に溶けない物質の総称で、水に溶けず、アルコールやエーテル、クロロホルムなどの有機溶媒に溶ける性質を持っています。脂質の中で食生活に関係の深いものは油脂とコレステロールです。

 通常、脂肪といっているものは中性脂肪(トリセリグド)のことであり、食品中の脂質のほとんどを占めています。このほかに、コレステロール、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸などがあります。

 脂質の体内での働きは、何といっても高エネルギーを生み出すことでしょう。脂肪酸1g当り9kcalのエネルギー源となり、これは糖質やたんぱく質の2倍以上になります。余剰分は貯蔵脂肪となり、体温を調節する働きをしたり、必要に応じてエネルギーとして供給されたりします。

 そのほか脂質は、血液やホルモンの成分として利用されたり、細胞膜や粘膜の構成成分となります。さらに脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあります。

脂質をとり過ぎると

 糖質よりも高エネルギーを生み出すため、肥満の原因になり、さまざまな生活習慣病を引き起こします。特に肉類などから脂質を多く摂ると、中性脂肪やコレステロールを増加させ、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まります。

脂質が不足すると

 現代ではふつう脂質が不足することはありませんが、太っていないのに無理なダイエットなどをすると脂質が欠乏します。脂質が不足し過ぎると、血管や細胞膜が弱くなったり、肌荒れの原因となったりします。

 また脂質不足はビタミンAやビタミンDの吸収が阻害されるため、視力の低下や、肌や粘膜の抵抗力の低下を招いたり、骨や歯がもろくなったりすることもあります。

 ※なお、三大栄養素のうち残りのたんぱく質は、糖質に次ぐ重要なエネルギー源ともなりますが、最も重要なのは身体各部の構成成分になることです。
 詳しくは タンパク質と必須アミノ酸―種類と働き


   TOP   HOME