生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活生活習慣病と原因五大栄養素と機能性成分食生活の見直し運動と禁煙の効果ストレスが起す病気体に良い食べ物

タンパク質と必須アミノ酸―種類と働き

 三大栄養素の一つ、タンパク質はエネルギー源にもなりますが、筋肉や臓器の構成成分となるほか、骨、皮膚、血液、酵素、ホルモン、抗体などを作るための材料となるなど、まさに生命の中心となる最重要栄養素です。

たんぱく質の働き

 食品に含まれるたんぱく質は、約20種類のアミノ酸から構成されています。体内に摂取されたたんぱく質はいったんアミノ酸に分解され、最終的には体の各部分に適したたんぱく質に作り変えられて、筋肉や臓器などの構成成分になるなど、さまざまな働きをします。

 人の体の約6割は水ですが、残りの半分、つまり約2割がアミノ酸・たんぱく質です。アミノ酸は水と並んで生命の源といえます。

 

 たんぱく質(アミノ酸)の主な働きとしては、筋肉、内臓の構成成分となるほか、骨、血液、皮膚、爪、毛髪、酵素、ホルモン、抗体などを作るうえでも大切な材料となります。また神経伝達物質を合成するとか、病気に対する抵抗力をつけるという働きもあります。

 さらに、たんぱく質はエネルギー源にもなります。糖質と脂質には及びませんが、1g当り4kcalのエネルギーを作り出します。

 たんぱく質は絶えず体内でアミノ酸への分解と合成を繰り返し、また不要なものは貯蔵せずに排泄されますから、毎日摂取することが重要になります。

たんぱく質が不足すると

 現代では、通常の食事をしている限りたんぱく質が不足することはありませんが、不足すると体力の低下、免疫力の低下、記憶力や思考力の低下などを招きます。ベジタリアンはご注意ください。

たんぱく質をとり過ぎると

 腎臓機能が低下します。また、肥満にもつながります。

必須アミノ酸とアミノ酸スコア

 たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、9種類は体内で合成することができず、食事からとらなければなりません。そのため必須アミノ酸と呼ばれています。

 必須アミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプロファンの9種類です。これらの一つでも少ないと、他のアミノ酸はその少ないアミノ酸の量しか使わない仕組みになっていますから、ただたんぱく質をとればいいというわけではなく、アミノ酸のバランスが大切です。

 アミノ酸のバランスを示す数値がアミノ酸スコアといわれるもので、これが高いほど良質のたんぱく質ということになります。

 たんぱく質には魚介類、肉類、乳製品、卵などの動物性たんぱく質と、大豆製品や穀類に含まれる植物性たんぱく質があります。この中で最もアミノ酸のバランスがよいのはです。

 白米や小麦粉に含まれるたんぱく質は、ともにリジンが少なくバランスの面で効率の悪いたんぱく質といえます。

 しかし、同じ植物性たんぱく質でも、大豆は「陸の肉」と呼ばれるくらいたんぱく質が豊富で、しかもアミノ酸バランスもよい食品です。大豆に次いでたんぱく質の含有量の多い豆類は、ソラマメ落花生です。


   TOP   HOME