生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

生体調節機能とフィトケミカル

ポリフェノール類で知る食品の「三次機能」

 食品の3つ目の役割である生体調節機能は近年、急速に研究が進んだ分野です。

 従来、栄養という面から生命の維持や成長、活動、健康の維持に不可欠な食品の成分の研究がなされてきました。その結果、新しいビタミンの発見やミネラルの中でも特に微量元素の役割などが解明されてきました。

 ところが五大栄養素や食物繊維には入らないさまざまな食品中の成分が、健康の維持や病気の予防、治療に効果を発揮することがわかってきました。

 たとえば、ひと頃マスコミをにぎわせたポリフェノール類はその代表です。赤ワインに含まれるアントシアニンカテキンなどのポリフェノールは、活性酸素と結合してがんの予防や老化の防止に効果があることがわかってきました。このことがテレビで放映された直後、赤ワインが飛ぶように売れたことは、覚えている人も多いでしょう。

 ポリフェノール類はこのほかに、大豆に含まれるイソフラボンやかんきつ類のフラボノイドなどがあります。これらの有効成分は栄養素ではありません。そこで食品の三次機能として、生体調節機能と名づけられ、食品の持つ重要な役割として一般にも認識されるようになったのです。

 生体調節機能は病気の予防に働くという意味ですが、具体的には生体のリズムの調整や免疫の調節、神経のバランスなどを正常に保つ機能のことです。それらの働きを持つ成分のことを機能性成分といいます。

新しい概念、フィトケミカルケミカル (ファイトケミカル)

 生活習慣病の予防に役立つ機能性成分を持った食品は、研究が進むとともに次々とその効果が公表されています。その中で圧倒的に多いのが野菜です。その効果も血圧を下げたり、血液をさらさらにしたり、コレステロールを低下させたり、がんを予防したり、疲労を回復させたり、病原菌を抑制したりと、多岐にわたっています。

 そこでこれらの病気と戦う野菜の成分を総称してフィトケミカルファイトケミカル)と呼んでいます。フィト(ファイト)は戦うという意味ではなく、植物(phyto)の意味です。動物のように動き回れない植物は、太陽光線や虫などさまざまな脅威にさらされており、植物独自の代謝によって自らを守っています。ファイトケミカルは、植物のもつさまざまな色素を構成する物質です。

 先ほどの赤ワインもぶどうの色素ですし、なすカボチャ、しそ、トマト、リンゴ、みかんなどに含まれる機能性成分も色素です。野菜類はビタミンやミネラルばかりでなく、フィトケミカルの宝庫なのです。フィトケミカルは主に抗酸化作用のあるのが特徴です。

 フィトケミカルは「第7の栄養素」

 体に必要な栄養素であるタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルを五大栄養素といいますが、それに「第6の栄養素」として加わったのが生体調節機能を持つ食物繊維です。

 フィトケミカルは食物繊維に次いで、「第7の栄養素」などとも呼ばれます。食物繊維は、吸収されないことによって体に有益な働きをするものですが、フィトケミカルは他の栄養素と同様、吸収されることによって効能を発揮します。なお、フィトケミカルはカロチノイド類のように栄養素を兼ねているものもありますから、五大栄養素とは区別して、生体調節機能を持つ成分と考えてください。


ポリフェノール、カロチノイド、葉緑素、香気成分などの植物パワー

 フィトケミカルは植物の持つ栄養面以外の健康パワー全般を指しますが、ポリフェノール類だけではありません。カロチノイド類やタウリンなどのアミノ酸関連物質、ペクチンなどの糖関連物質香気成分などもフィトケミカルに含まれます。野菜や果物に含まれるそれらの成分は、何と1万種類もあるのです。

 今日、アントシアニンやイソフラボン、カテキン、ルテインなど一部の成分だけが、まるで健康や美容の切り札であるかのように騒がれていますが、1万種類ものフィトケミカル成分の働きや効能はまだほとんどわかっていない状態です。そもそも、一つの野菜に含まれるフィトケミカル成分は数十種類から数百種類といわれます。それらの中から1種類ないし数種類だけを抽出したものが、サプリメントやいわゆる健康食品です。やはり生体調節機能成分は、おびただしい数の未知の有効成分を含む野菜や果物からとるのが王道でしょう。

 その意味で、一部の健康番組や業界の広告に煽られて、ポリフェノール類に過大な期待をするのは考え物です。なにしろ、過剰摂取の副作用さえまだ明らかになっていないのですから…。色の濃い野菜や果物を毎日しっかり食べることは、生体調節機能を別にしても、栄養学的にもきわめて大切なことなのです。


関連ページ
ポリフェノール類の種類と働き
大豆&豆類の力/サポニン、ポリフェノール等の健康効果
発酵食品の力/酵母、麹菌、乳酸菌とは…   納豆、みそ、醸造酢の健康効果
抗酸化作用食品で病気から体を守る

  TOP  HOME