生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

脂肪酸の種類と働き/多価・不飽和&必須脂肪酸

    脂肪酸の種類   オメガ3系(n-3系)とオメガ6系(n-6系)

 

 脂肪酸というと、「脂肪=肥満=健康に悪い」と悪いイメージを連想する方も少なくないでしょう。でも、「血をサラサラにするあのDHAも脂肪酸の一種だ」と聞けば、その大切さを納得すると思います。名前が紛らわしいのですが、脂肪と脂肪酸はまったく意味が違うのです。

 脂肪酸の中には、体内では合成されないため、必須脂肪酸に指定されているものもあります。ここでは脂肪酸について、飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸(n3系・n6系)などの種類別に分けて、その働きなどの違いを説明していきます。

 脂質、脂肪、脂肪酸の違いとは…?

 脂質は水に溶けず、有機溶媒に溶ける成分で、人間の体の中で代謝される物質のことをいいます。脂肪は栄養学的には一般に脂質の意味で使われていましたが、今では中性脂肪(トリグリセリド)の意味で使われることが多いようです。栄養学と生理学、化学で微妙に意味が異なることがあるのです。厳密にいえば、コレステロールも脂肪の一種ですが、生活習慣病関係では別物のような印象を与えています。

 一方、脂肪酸は脂質が加水分解されることによってできる化合物で、炭化水素 (‐CH2‐)の鎖とカルボキシル基(-COOH)を持っていることが特徴です。ややこしいことに、脂肪酸は中性脂肪の構成成分ともなっています。脂肪酸は、炭素の数や炭素同士のつながり方の違いで様々な種類に分かれ、その性質も異なります。


脂肪酸の種類

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

 脂肪酸は大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。分子構造の炭素(C)と炭素(C)の間に二重構造があるのが不飽和脂肪酸で、二重結合がないものが飽和脂肪酸です。

 両者の性質の大きな違いは、飽和脂肪酸が常温で固体であるのに対し、不飽和脂肪酸は常温で液体だということです。

 飽和脂肪酸をとり過ぎると、LDLコレステロール(悪玉)や中性脂肪を増やし、動脈硬化のリスクを高めることが報告されています。一方、不飽和脂肪酸はHDLコレステロール(善玉)を増やし、LDLコレステロールを減らして、動脈硬化のリスクを減らします。

一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸

 不飽和脂肪酸は、二重構造の数が1カ所のみの一価不飽和脂肪酸と、複数ある多価不飽和脂肪酸に分かれます。多価脂肪酸のうち二重結合が4〜6個のものを、高度不飽和脂肪酸と区別して呼ぶことがあります。高度不飽和脂肪酸は酸化されやすい性質を持っています。

 一価不飽和脂肪酸の代表はオレイン酸で、オリーブオイルに多く含まれています。
 また、多価不飽和脂肪酸は炭素の二重結合の数別に次のようなものがあります。

 ・2個―リノール酸(大豆油、コーン油、ベニ花油など)
 ・3個―α-リノレン酸(シソ油、エゴマ油、キャノーラ油、大豆油など)
 ・4個―アラキドン酸(卵、魚、肝油など)
 ・5個―エイコサペンタエン酸=EPA(青魚、魚油など)
 ・6個―ドコサヘキサエン酸=DHA(青魚、魚油など)

 注1:エイコサペンタエン酸は近年、イコサペンタエン酸と表記されることが多くなりました。
 注2:不飽和脂肪酸の融点は二重結合の数が多くなるほど下がっていきます。

オメガ3系(n-3系)とオメガ6系(n-6系)

 多価不飽和脂肪酸では、オメガ3系(n-3系)やオメガ6系(n-6系)と呼ばれる、働きの相反する2つのグループがあります。両者の違いは炭素の二重結合の数ではなく、分子構造の鎖の端から最初に現れる二重構造の位置によるものです。

 ・n-3系 α-リノレン酸、DHA、EPA(魚の油や一部の植物油)
 ・n-6系 リノール酸、アラキドン酸(亜麻仁油などの植物油、肉の脂)

必須脂肪酸について

 以上のうち、α-リノレン酸、リノール酸、アラキドン酸の3つは体内で合成ができないので、必須脂肪酸と呼ばれています。そのため直接、食品からとる必要があり、WHOでは最低総エネルギーの4%を摂取することを推奨しています。

 必須脂肪酸の働きは、血小板の凝集や動脈壁の弛緩と収縮などに関係する物質を体内で生成することです。

 多価不飽和脂肪酸の摂取比率について

 必須脂肪酸やDHA、EPAなどを含む多価不飽和脂肪酸は、健康にとって極めて重要な食品成分ですが、多くとればよいというものではなく、他とのバランスが大事です。栄養所要量(第6次改定)では、「飽和脂肪酸」:「一価不飽和脂肪酸」:「多価不飽和脂肪酸」の比率を〔3:4:3〕が望ましいとしています。DHAやEPAのサプリメントを常用することの問題点がここにあります。不飽和脂肪酸は、脂溶性ビタミンやミネラルと同様、過剰摂取をすると、かえって健康を損なうことになるのです。


関連ページ
悪玉コレステロールを下げる食事
血をさらさらにし、血圧、血糖値を下げる食べ物
コレステロール摂り過ぎ心配ない? でも飽和脂肪酸が…

  TOP  HOME