生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活生活習慣病と原因五大栄養素と機能性成分食生活の見直し運動と禁煙の効果ストレスが起す病気体に良い食べ物

ビタミンの種類と働き(水溶性・脂溶性・必須ビタミン…)

 ビタミンには、糖質、脂肪、タンパク質などの栄養素を助ける働きがあり、少量ながら、身体の調子を整える重要な役割を担っています。ビタミンには水溶性ビタミン脂溶性ビタミンがあり、合わせて合計13種類の必須ビタミンがあります。また、それ以外にビタミン様物質と呼ばれる様々な人体に必要な成分があります。

必須ビタミン

油脂に溶ける脂溶性ビタミン

 脂溶性ビタミンは油脂に溶けて吸収されますから、油分を含む食品とと一緒に摂ると吸収がよくなります。また、排出されにくいので過剰摂取には注意する必要があります。単独でのサプリメントは吸収されにくいうえ、食事と一緒では過剰摂取に気をつけなければなりません。

 脂溶性ビタミンは、ビタミンA、D、E、Kの4種類です。それぞれ代表的な働きを次に示しておきます。

ビタミンA―目の機能と免疫力の維持に働きます。なお、βカロテンは体内でビタミンAになります。
ビタミンD―血中や組織内のカルシウム濃度の調整をします。
ビタミンE―抗酸化物質で、細胞の老化を遅らせる働きがあります。
ビタミンK―骨の成長に関わっています。

 詳しくは ビタミンAとビタミンEの働き―欠乏症と過剰摂取
          βカロテンとリコペンの効果 
          ビタミンC、ビタミンD・Kの働き、及び欠乏症など 

水に溶ける水溶性ビタミン

 水溶性ビタミンは尿に溶けやすいので、過剰分はすぐに排出されます。その意味では、脂溶性ビタミンのような過剰摂取の心配はあまりないのですが、逆にこまめに摂取することが大事です。

 水溶性ビタミンはビタミンB群8種類とビタミンCの9種類です。次に、それぞれ代表的な働きを次に示しておきます。

ビタミンB1―糖分の代謝に不可欠なビタミンです。
ビタミンB2―代謝に不可欠な物質で、身体の発育を促します。
ビタミンB6―脂質の蓄積防止や神経伝達物質の合成に関わります。
ビタミンB12―血液中のヘモグロビンの合成に不可欠です。
ナイアシン―アルコールの分解を助け、二日酔いを防止する作用があります。
葉酸―ビタミン12と共に造血作用に関わります。
パントテン酸―ホルモンバランスの調整に働きます。
ビオチン―全身の代謝に関わりますが、腸内細菌により合成されます。
ビタミンC―コラーゲンの合成に必須で、肌質の維持に関わります。

 詳しくは ビタミンB群の種類と働き、及び欠乏症など
          ビタミンC、ビタミンD・Kの働き、及び欠乏症など

ビタミン様物質とは

 
 今日、ビタミンと名のつく、体に有益な成分はたくさんありますが、上記の必須ビタミン13種類以外は正式にはビタミンではない「ビタミン様物質」と言います。

 ビタミン様物質の中には、一度「新しいビタミン」とされた後で取り消されたものとか、体内で合成されるものがあります。では、改めてビタミンとは何なのかということになりますが、一般的には次のように定義されています。

 ビタミンとは: 生物(人間)が生存・生育に必要不可欠な微量栄養素のうち、三大栄養素である脂肪、糖質、たんぱく質や無機質(ミネラル)でないものである。

 「必要不可欠な微量栄養素」というところがポイントで、体内で別の栄養素から必要量が合成されるものは、ビタミン様物質となります。ただし、ビオチンのように体内で作られても不十分で不足しがちなものは、ビタミンと認定されています。

 よく耳にするビタミン様物質に、イノシトール、コリン、アルニチン、ユビキノン、ルチン、ビタミンF(リノール酸などの必須脂肪酸)などがあり、ビタミンB群に入っているものが多いのが特徴です。

 詳しくは ビタミン様物質とは?―種類と働き

   TOP   HOME