生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活生活習慣病と原因五大栄養素と機能性成分食生活の見直し運動と禁煙の効果ストレスが起す病気体に良い食べ物

ビタミンの種類と働き(水溶性・脂溶性・必須ビタミン)

ビタミン様物質とは?―種類と働き

「正式なビタミン」ではない、ビタミンF、P、Q、U、コリン …など

 ビタミンといわれる栄養素の種類は年とともに増える傾向にあります。しかし一方ではビタミンFのようにビタミンとは認められなくなったものもあります。ビタミンP、ビタミンUなども名前は立派なビタミンですが、「ビタミン様物質」として扱われています。そのほかにもビタミンB群に属するビタミン様物質があります。ビタミン様物質は一次機能の栄養素というよりも、三次機能の生体調節機能を持った機能性成分であるものも少なくありません。

コリン

 穀物にリン脂質として存在し、ビタミンB群のひとつとされます。脂肪肝の抑制に働くとして注目されています。体内でも合成されますが需要量が大きいので、食事からもとる必要があります。
 多く含まれる食品は卵、レバー、大豆、豚肉、玄米、小麦胚芽などです。

イノシトール

 ビタミンB群の一種とされます。リン脂質の成分で、コリンと結合してレシチンを作ります。肝機能を強化し、肝臓病の予防と治療に使用されます。体内でも合成されますが、食事からもとる必要があります。
 オレンジ、メロン、グレープフルーツ、玄米、小麦胚芽、豆類、サツマイモ、キャベツなどに多く含まれます。

パラアミノ安息香酸(PABA)

 ビタミンB群に属するビタミン様物質で、葉酸の構成物質として葉酸合成に関っています。主な働きとしては、皮膚の健康を保つことがわかっています。
 多く含む食品は卵、レバー、小麦胚芽などですが、体内でも作られます。

ビタミンF

 必須脂肪酸であるリノール酸、リノレン酸、アラキドン酸の3種類のことで、現在ではビタミンとしては認められていません。
 大豆油やひまわり油などの植物油に含まれています。

ビタミンP(フラボノイド化合物)

 ビタミンに近い働きをするビタミン様物質です。ヘスペリジン、ルチン、ケルセチンなどの総称でフラボノイド化合物などとも呼ばれます。
 ヘスペリジンはかんきつ類に含まれる色素で、毛細血管を強化して血圧上昇を防ぐ働きがあります。また、ルチンはそばに含まれる成分で、同様に毛細血管を強化し、高血圧や動脈硬化を改善します。

ビタミンU (キャベジン)

 胃腸薬「キャベジン」でおなじみの成分で、名前はキャベツに由来します。消化管粘膜の修復や胃酸の分泌の抑制などに働きます。
 補給源はキャベツ、セロリ、レタス、アスパラガス、牛乳、卵などです。欠乏すると胃が弱まります。

ビタミンQ(コエンザイムQ10、ユビキノン) 

 コエンザイムは補酵素の意味。脂溶性のビタミン様物質で、人のミトコンドリアに最も多く存在します。
 コエンザイムQ10は加齢とともに減っていくことが知られています。そのため、老化防止、疲労回復、美肌などの効果が期待され、美容・健康業界で宣伝されていますが、医学的には証明されていません。


   TOP   HOME