生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活生活習慣病と原因五大栄養素と機能性成分食生活の見直し運動と禁煙の効果ストレスが起す病気体に良い食べ物

ファストフード、インスタント食品、外食

ファストフードと偏食・肥満

 ハンバーガーに象徴されるファストフードは、安価で手軽に食べられる外食としてアメリカからまたたく間に全世界に広がりました。日本でもファストフード店のない街を見つけることは困難なくらい、私たちの生活の一部となっています。

 ファストフードは動物性たんぱく質と油脂分に偏っているため、体に必要な栄養素をとることができません。また間食としてとられることも多く、肥満の原因にもなります。本家のアメリカでは肥満率が約30%にも達し、心臓病をはじめ肥満が原因の医療費増加が社会問題になっています。

 その肥満の原因の一つにファストフードも挙げられており、2002年には10代の肥満児2人が「ハンバーガーを食べ過ぎて肥満になった」としてマクドナルド社を訴えたほどです。訴訟社会のアメリカらしい事件ですが、笑ってばかりもいられません。良くも悪くもアメリカを見習ってきた日本は、肥満まで「輸入」してしまったのですから…。

スローフードという考え方

 1986年にイタリアのある街で、米国系ファストフード店の開店への反対運動が起こりました。それを契機に、効率至上主義のファストフードに代表される食文化への批判と、伝統的な食文化を守ることをめざしたスローフード運動が提起され、やがて国際運動へと発展しました。

 スローフードの意味は文字通り「ゆっくりと味わいながら食べる食事」ということですが、単に食事にとどまらず、気ぜわしく活動するアメリカ型のライフスタイルを拒否し、ゆったりした「スローライフ」を取り戻そうという趣旨がこめられています。いわば食文化復権運動というべきもので、アメリカや日本でも運動の輪は広がっています。

 具体的には、食のグローバリゼーション(画一的な食材と製法、味覚など)に反対し、地域の農業に根ざした食材の多様化と伝統的調理法、地域の味というものを復権させようという活動です。スローフードは世界の文化の多様性を発展させる運動といってもよいでしょう。

インスタント食品の種類と功罪

 インスタント食品というと真っ先にインスタント麺が連想されると思いますが、広い意味ではレトルト食品や缶詰、粉末食品、冷凍食品、保存食、フリーズドライなども含まれます。食品の保存には塩漬け、乾燥、冷蔵などの方法がありますが、インスタント食品は保存性のほかに、すでに調理済みで、過熱するだけですぐに食べられるという性質があります。

 インスタント食品は便利ではありますが、味気なくて食事の喜びという心理的な面で不満が残ります。また、食事の一部に利用するのならよいのですが、インスタント食品がメインになるような食事ですと、栄養の面でも問題があります。頻繁に食べるような場合には偏食になるばかりでなく、ものによっては有害物質の蓄積につながります。便利さの裏側のマイナス面も考えて利用するようにしましょう。

インスタント食品の種類

 インスタント食品には次のような種類があります。

●インスタント・ラーメン

 1958年に登場した最初のインスタント・ラーメンは、麺に味がついたものでした。その後、スープを粉末化する技術やフリーズドライ製法が生まれて、インスタント・ラーメンは多様化しました。インスタント・ラーメンの年間生産量は中国がトップで480億食(2004年)ですが、国民一人当りでは日本が1位で年間42食(2004年)の生産を誇っています。

●缶詰

 スチール缶とアルミ缶があり、通常3〜4年は保存ができます。単なる食材から調理済み食品、飲み物まで中身は多彩です。歴史も古く、保存食として優れます。

●粉末食品

 インスタントコーヒー、ココア、お茶漬け、おしるこ、スープ、昆布茶、味噌汁、お吸い物、緑茶、ゼリーなどがあります。ものによっては味(特に香り)が落ちるのが難点です。

●冷凍食品

 ギョウザ、シュウマイ、チャーハン、ハンバーグ、フライドチキンなどの調理済み食品のほか、味つけ済みの非加熱食品や、野菜などをゆでて冷凍したものなどがあります。

●フリーズドライ

 真空凍結乾燥技術のこと。食品を急速凍結したあと、真空状態で乾燥させます。味噌汁や果物、野菜などがあります。みずみずしさに欠ける難点があります。

●レトルト食品

 プラスチックの袋に食品を入れて、高温高圧で殺菌した保存食のことで、缶詰の代用として手軽さが受けています。レトルトは高圧がまの名称で、レトルトパウチとも呼ばれます。現在、売上高の3分の1はカレーで占められています。

有害物質の引き起こすリスク

 インスタント・ラーメンは栄養バランスの面で問題があるばかりでなく、継続してたくさん食べ続けると次のように体に悪い影響を及ぼします。

 まず、麺の中にはアクリルアミドという発がん性物質が入っています。アクリルアミドは小麦やいもなどを高温で料理するとできる物質で、ポテトチップスなどにも含まれます。

 麺に入っているかん水肝臓障害を引き起こします。また、添加物の重合リン酸塩カルシウム低下を招きます。そのほか数種類の使用が認められている添加物の中には、発がん性物質が含まれているものもあります。

 添加物自体は少量なら安全ということで、法的に使用が認められている物質ですが、免疫力の弱まっている方は常食しないのが無難です。

野菜不足を招きがちな外食

 外食をする頻度の最も高いのは20〜59歳の男性で、3割前後がほとんど毎日1回以上利用しているという統計があります(平成12年・厚生労働省)。

 都市サラリーマンの多い層ですから、昼食が外食になるのは当然かもしれません。これに週2〜5回の頻度を含めると、この年齢層の男性の約5割から7割もの人が外食(市販の弁当を含む)を日常的に利用していることになります。

 外食の利用は若い人ほど割合が多くなり、また外食の利用頻度の高い層ほど野菜の摂取率が少ないという結果が出ています。また、女性ではほとんど毎日1回以上外食する人の割合は、最も高い20代で21.1%と、男性よりもかなり低い数値となっています。

 一人暮らしの若い層に多いのが、これらの外食・弁当に加えて、菓子パンやファストフードの持ち帰り、コンビニなどの惣菜などでの食事です。最近は一般家庭でも「料理を作るのがめんどう」などの理由から、弁当やでき合いの惣菜で間に合わせる「家庭内外食」が増えており、栄養バランスの面で心配されます。

 一般に外食・弁当は野菜不足になりやすく、ビタミンやミネラルが十分ではなくなります。よほど意識して野菜や海藻類をとらないと、体調を崩すことにもなりかねません。

 外食産業の側に立てば、食事のあり方に関心が高まってきた今後は、味だけではなくカロリー(エネルギー)や栄養バランスを考慮したメニューの提供が、顧客獲得の上で一つのポイントになってくるのではないでしょうか。

  TOP   HOME