生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

森林浴とフィトンチッドの力

植物の持つ殺菌力、免疫力アップ、癒し効果で健康増進

 ひと頃、森林浴がブームになったことがありました。森の樹木は光合成によって二酸化炭素を消費し、大量の酸素を供給しています。新鮮な空気で満ち溢れた木漏れ日の中を、鳥のさえずりや小川のせせらぎを聞き、名も知らぬ花々に目を奪われながら歩くことは、心身の両面にわたって一石二鳥の健康法といえるでしょう。

 しかし、植物の持つ力は新鮮な酸素や心理的な癒し効果をもたらすだけにとどまりません。もっと神秘ともいえる力が備わっていると、多くの人が実感していました。

 ドイツでは百年以上前から、森林がヒトの体にとって何かよいことがあると経験的に知られていたといいます。その神秘のベールが初めてはがされたのは1930年頃、ソ連の科学者トーキン博士の研究によってです。博士は「高等植物が傷つくとその周囲の環境にあるほかの生物を殺す何かの物質を出す」ということを発見しました。植物の発散するその不思議な力はフィトンチッドと呼ばれ、有害な微生物に対して身を守るばかりでなく、ヒトにとっては健康によいということがその後わかってきました。

 フィトンチッドは揮発性のテルペン類の物質ですが、これを含む森の空気をたくさん吸うことによって、新陳代謝が活発になり細胞が若返る効果があります。精神的にもよい効果があり、リラックスするとともに集中力が増し、アルファ波が強く現れることが実験でも確かめられています。

 さらに、森林浴は免疫力を高めることも実験によってわかってきました。平成10年に岐阜県健康づくり財団が、森林環境と都市環境のストレス度の違いを調べました。それによると、森林環境のほうが都市環境よりも、がん細胞を退治するナチュラルキラー(NK)細胞の活性が2倍高いという結果が出ました。また、免疫グロブリンの量は、森林環境が6倍も高いという結果になりました。

 このことはストレスが免疫力を低下させるという事実とともに、フィトンチッドを含む森林環境がそのストレスを発散させ、免疫力を高めるということを示しています。

 
 このフィトンチッドと同じ働きをする食品に、ねぎ、にんにく、しょうが、しそなどの野菜があります。これらは古くから殺菌力のあることで知られていました。お寿司屋さんで使われるヒノキの葉も、フィトンチッドの殺菌力を利用したものです。また野菜や果実の色素であるファイトケミカも、植物が自らを守るためのものであると同時に、ヒトにとって有益な生体調節機能をもった食品です。

 食べられるか食べられないかに関わらず、私たちは昔から植物の力を感じ、それを利用して生きてきました。森林の力をもう一度見直し、本格的なウォーキング、あるいはトレッキングを始めてみませんか。

 なお、フィトンチッドは日の出から午前11時ごろまでが一番多い時間帯です。早起きして森の散策を楽しめば、まさに一石三鳥にも四鳥にもなります。

 参考  森や野山を満喫するウォーキング系の趣味
          散策、ハイキング、ピクニック、トレッキングなどの趣味の魅力を伝えています。

   TOP   HOME