生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活生活習慣病と原因五大栄養素と機能性成分食生活の見直し運動と禁煙の効果ストレスが起す病気体に良い食べ物

ストレスが起す病気/ストレス解消法

ストレスは免疫力を低下させ、胃腸病、高血圧、心臓病、がんなど多くの病気の原因の一つとなります。ストレスの原因から対処法まで、次の6ページに分けて解説します。

「ストレスが起こす病気/ストレス解消法」のページ構成

 1.ストレスとは何か? ストレスの原因は?
 2.ストレスを受けやすい性格・気質
 3.ストレスと胃腸、肥満、高血圧、心臓病
 4.ストレスと免疫力の低下
 5.ストレスとうつ病/うつ病の症状
 6.ストレスへの対処と癒し

生活習慣病の隠れた原因でもあるストレスについて

 「病は気から」という言葉が示すように、昔から病気には心の持ち方が大きく関係することが経験的にわかっていました。心配事があれば食欲がなくなり、また怒り過ぎると胃が熱くなってくるというようなことは、ほとんどの方が経験しているでしょう。「くよくよしない」「怒らない」ということがどれだけ健康によいかは、多くの方が知っているはずです。

 しかし、大きなストレスは誰でも自覚できますが、継続する小さなストレスには気がつかないことが多いものです。人によっては中くらいのストレスでも、困難に積極的に立ち向かい、問題を解決してしまうため、自分がストレスを受けているとは夢にも思わないこともあります。

 ストレスはいやなことばかりとは限りません。結婚や昇進など、周囲がうらやむほどのうれしい出来事でも、大きなストレスを受けているものです。それは「環境の変化」というストレスです。

 ストレスはまったくないよりも、自力で解決できる適度なストレスが時々あったほうが、脳に刺激があり、成長のためにもプラスになります。しかし、自覚するしないに関わらず、強いストレスや長期間のストレスは様々な病気の原因になりますから、早めに解消したり、軽減したりしなければなりません。

 本カテゴリー:「ストレスが起こす病気/ストレス解消法」では、次のような内容でストレスと生活習慣病を始めとする様々な病気との関係を解説しています。

1.ストレスとは何か? ストレスの原因は?

 ストレスの定義や、急性と慢性、ストレッサーとストレス反応の違いの説明、および人生における様々なストレスを10に分類したものを掲載しています。
 ストレスとは何か? ストレスの原因は? 」へ

2.ストレスを受けやすい性格・気質

 ストレスを受けやすい性格・気質について、几帳面、完璧主義、感情抑制、マイナス思考などを挙げて説明。また、アグレッシブなA型性格と心臓病との関係などについても詳しく紹介しています。
 ⇒ストレスを受けやすい性格・気質」へ

3.ストレスと胃腸、肥満、高血圧、心臓病

 ストレスと生活習慣病の関係を、胃炎や胃・十二指腸潰瘍、肥満、糖尿病、高血圧、動脈硬化、狭心症・心筋梗塞などの例を挙げて説明しています。
 ストレスと胃腸、肥満、高血圧、心臓病」へ

4.ストレスと免疫力の低下

 「病は気から」を生理学的に証明するものとして、ストレスによる免疫力の低下があります。免疫機能の低下はあらゆる病気を招きますが、中でもがんとの関係をピックアップしています。
 ストレスと免疫力の低下」へ

5.ストレスとうつ病/うつ病の症状

 ストレスがもたらす不眠や不安などの心理的なダメージから、うつ病になることも少なくありません。うつ病とはどんな病気で、どんな症状が現れるかを簡単にまとめています。
 ⇒「ストレスとうつ病/うつ病の症状」へ

6.ストレスへの対処と癒し

 日々の小さな疲れやストレスは貯めないことが大切です。昔からストレスを取るのに効果があるとされる、様々な心身の癒し法を紹介しています。
 ストレスへの対処と癒し」へ

   TOP   HOME