生活習慣病の原因と予防法
乱れた食生活と病気生活習慣病と原因正しい知識と原因生活習慣病改善法ストレスが起す病気体に良い食べ物

ストレスへの対処と癒し

疲れを取り、免疫力を高める生活

 日々の小さな疲れやストレスは貯めないことが大切です。心身の疲れを取るために、昔から行なわれていた方法や最近注目されている方法を紹介します。

●入浴

 体を温めて血行をよくするとともに、気持ちをリラックスさせる最高の健康法です。ぬる目の温度でゆっくり入るのがよいとされます。冬場は脱衣所を暖めておくことを忘れずに。

●首と肩をもみほぐす

 首は左右にゆっくり回すだけで十分です。肩は腕を回して揉み解すほか、肩もみをしてもらいます。

●軽いストレッチ体操

 特に腰のひねりや足の筋を伸ばす体操をします。

●ツボ刺激

 首や手のひら、足の裏は自分でもできます。詳しいツボの位置と効能はツボの入門書を見てください。全身いたるところに免疫力を高めるツボがあります。

●呼吸法

 静かな部屋で背筋を伸ばし、腕や肩の力を抜いて、鼻からゆっくりと肺の奥まで息を吸いこみます。吐くときもゆっくりと今度は口から吐き出します。ストレスを感じているときは呼吸が浅くなっていますから、深呼吸は意識して行います。

●音楽療法

 音楽は免疫力を高め、病気の治療にも役立つとして注目を浴びています。どんな音楽がよいかは、年齢、性別、育った環境などによって違いますが、一般的にはボーカルの入っていない演奏だけの曲がよいでしょう。

 リラックス脳波といわれるα波を出すような音楽として、クラシックではモーツァルトが一番といわれますが、ショパンには癒し効果がありますし、J.S.バッハは頭がクリアになります。とはいえ、効果は人によって違います。昔の歌謡曲やジャズがよいという人も当然います。いろいろ試してみて、自分だけのオリジナル音楽処方箋を作ってみてください。
 参考  音楽の効用―セルフ音楽療法のススメ

●アロマテラピー

 植物の精油の香りの力でリラックスを誘い、免疫力を高めます。

●ハーブティー

 ハーブはその種類によってさまざまな効能があります。

●笑い

 笑いが免疫力を高めることを有名にしたのは、膠原病をユーモアと笑いで克服したアメリカのN.カズンズ氏の1冊の本からです。笑いは治療によい効果があるばかりでなく、病気の予防やボケ防止にもよいとされ、最近、研究が進んでいます。

 テレビや演芸場などでの受身のお笑いでも十分ですが、さらに自分自身もユーモアやジョークを日常会話の中に取り入れることができれば、さらによいでしょう。
 ※参考  笑いは脳を活性化させ、免疫力を高める

●睡眠

 睡眠は最良の休息法です。上に書いてあるいくつかを実践すれば、不眠に悩まされることもなくなるでしょう。睡眠は明日への活力です。

●趣味

 仕事一筋では大きなストレスは乗り切れません。仕事も家族も大切。でも自分自身の心も大切です。心の栄養は趣味です。いくつになってからでも趣味は始められます。写真、絵画、手芸、日曜大工、俳句、川柳、短歌、エッセイ、楽器演奏、旅行、ゴルフ、テニス、カラオケ、囲碁、将棋など。できれば人とつながりのできるものがよいでしょう。
 参考  趣味を見つける面白おすすめ趣味百科 (絵画・楽器・手芸・文芸・ダンス…などジャンル別)

   TOP   HOME